筋トレの種類


筋トレ実際にスポーツジムに行き、筋トレを行う際、どういった筋トレを行えばいいのでしょう。基本的には、大きな筋肉から鍛えることになります。具体的には大胸筋や三角筋、上腕三頭筋などです。この部位を鍛えるには、ベンチプレスやダンベルベンチプレスが効果的です。また大胸筋は、複数のメニューを組み合わせることでより鍛えられます。

次は背中の筋肉です。この広背筋や大円筋を鍛えるメニューとしては、ラットプルダウンが効果的となります。他にもワンハンドダンベルロウもしっかりと鍛えられるメニューとしておすすめです。そして、Tシャツを着たときなど、見栄えのよい身体の必須条件として逆三角形の体型があります。鍛える部位は上腕二頭筋、三角筋です。メニューとしてはサイドレイズやダンベルカールが効果的です。

こういった身体を支えるには、しっかりとした下半身を作らなければいけません。下半身に効く筋トレとしてはスクワットやデッドリフトがいいでしょう。そして、誰もが憧れるのが割れた腹筋です。腹筋を鍛えるにはシフトアップと、より鍛えるにはアドミナブルクランチがあります。ただ、こういった筋トレは、正しいやり方で行わなければ効果が期待できません。スポーツジムのトレーナーなどにきちんと説明を受けた上で行うことが大切です。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.